素晴らしい言葉たち

KMと申します。オナ禁✖自己改善で人生に輝きを!!

youtuber式トレーニングにハマる

 

こんにちは。KMです。

久しぶりに更新期間を空けてみました。

友人と遊んだり、勉強したりして楽しい日々を過ごしています。

 

とりあえず来月、友人と海に行くことに決めました。

「オナ(禁)筋トレ」効果がどう発揮されるのか、

検証してきたいと思います。

 

最近はyoutubeの筋トレ動画にすっかりハマってしまいました。

以前も紹介した「メトロンブログさん」の自重トレは本当に効きます。

 

kotobaoukoku.hatenadiary.jp

毎週金曜日に「men's FLYDAY」ということで、

男性向けに新作の筋トレ動画をUPしているようです。

 

www.youtube.com

 

ちなみに、現在は「ランタスティック」アプリをほとんど使っていません。

自重トレーニングは、ある程度回数を重ねていくと、

負荷に限界がきます。

すると、回数を増やすしかないのです。

(フォームを変えてみるなど、改良の余地はありますが。)

すると、長い時間が掛かります。

「これ、ジムに行った方が効率よく鍛えられるのでは?」

という考えすら芽生えてきます。 

kotobaoukoku.hatenadiary.jp

元々、就職活動の忙しさゆえにジムを敬遠し、

始めた自重トレーニングです。

時間が掛かり過ぎては本末転倒。

短時間で追い込めるトレーニングを探していた時に、

メトロンブログさんの動画に行きつきました。

ここにきて、

「この境地(自重トレーニング)を極めたくなる」

という極めてドM(KMだけに)な方向性になってしまいました。笑

 

それでも、以前よりも筋肉がついてきてる実感があります。

(また海に行った際にでも、筋トレの成果を画像報告したいと思います。)

物事というのは、「方法を変えれば短時間で済む」ことが往々にしてあります。

もちろん、全ての近道が良いとは限りませんが、

時間は有限であるため、人生の時間をもっと充実させるには、

工夫を際限なく施していく必要があると感じています。

 

kotobaoukoku.hatenadiary.jp

 

本日は以上です。

オナ禁ブログを眺めるだけではもったいない

こんにちは。KMです。

オナ禁を知った高校3年生の頃の僕は、

オナ禁に関するブログ・スレ・サイトを

見まくっていました。

 

そして、他人の体験談を読んでは

オナ禁スゲー!!!」

と思っていました。

この時は1日中ほとんどスマホにかじりついていたと思います。

そのためか、オナ禁効果を感じにくかったです。

 

残念ながら、オナ禁ブログを眺めるだけでは、

オナ禁で得られる効果は大きくありません。

オナ禁そのものによるエネルギーの充満はありますが、

やはり、オナ禁している時間で何か行動(自己改善)

を起こすことが最も効果としては出やすく、大きいです。

 

kotobaoukoku.hatenadiary.jp

 

 

時間は有限です。

オナ禁ブログの効果報告を眺めて、人生を終えるのか。

実際にオナ禁✖自己改善により効果を体感して、人生を終えるのか。

 

見える景色はきっと、全然違うと思います。

多くのオナ禁ブログは、オナ禁だけを綴っていません。

筋トレ・勉強・読書・瞑想・ナンパ・オシャレ・身だしなみ・食事術

など、「人生を好転させる自己改善」を含めて記事にしているものが多いです。

 

世の中には、オナ禁が体に合わない人だっていると思います。

(推測ですが。笑)

そんな方は、オナ禁ブログの中でも、

「これ、やってみようかな」

と思うものに力を入れてみてもいいと思います。

先程も述べたように、

オナ禁ブログはオナ禁だけを発信しているわけではないからです。

 

きっと、「自身の生活に取り入れてみようかな」

と思える習慣の1つや2つには出会えると思います。

オナ禁ブログって今、ほんとに多いですから。笑

 

総括すると、

本日の記事は、

オナ禁ブログを眺めるだけではもったいない

オナ禁ブログを読んだ暁には、何かに挑戦してみませんか?

 

ということです。

いっそのこと、オナ禁ブログ読者から、

執筆者になるのもいいかもしれませんね!笑

 

本日は以上です。

2018後半戦へ

こんにちは。

KMです。

いよいよ2018年も後半戦ですね。

 

現時点で、今年のよかった点を振り返るとすれば、

・オナニーをしていないこと

・ポルノを観ていないこと

・就職先が決まったこと

だと思います。

 

特に、オナニーを知ってから半年以上も

オナ禁・ポルノ禁ができているのは今回が初めてです。

そして、その浮いた時間・エネルギーは

ほぼ全て就職活動に費やしました。

結果として、理想通りに事が運んでうまくいきました。

 

今年も残り半年を切りましたが、

このまま2018年を

オナ禁の年」

つまり、1年間禁欲の年にしたいと思います。

これが達成できれば、

オナニーを知り、そしてオナ禁を知って初めての快挙になります。

 

半年越えのオナ禁・ポルノ禁を通じて、

1日の時間が長く感じています。

(これが現状、最も感じているオナ禁効果かもしれません。)

長期が続くと、日数に執着することもありません。

ブログで日数を報告する時以外は、

「あれ?今日でオナ禁何日目だっけ?」

という意識すらありません。

これがオナ禁日数が短かった頃との違いだと思います。

「うおおおお!オナ禁3日目だぜえええ!(心の中)」

 というようなことが昔はよくありました。笑

kotobaoukoku.hatenadiary.jp

 

オナ禁は7月3日現在、229日です。参考までに。

 

「これだけ続いているんだから、難易度を上げてみよう」

という取り組みとして、マカサプリを導入。

最近はそのおかげか、

下半身がやたら元気ですね! 

無駄に勃起していた思春期を思い出します。笑

 

ロー・マカ 750mg 90ベジカプセル (海外直送品)

ロー・マカ 750mg 90ベジカプセル (海外直送品)

 

後半戦は、ひとまず大学生最後の時間を謳歌しつつ、

資格試験にもチャレンジしていきたいと思います。

68日後にFP3級が控えています。

恐らく就職先で業務上の基礎知識として重宝すると思いますので、

確実に取りにいきます。

 

本日は以上です。

残り半年も、当ブログをよろしくお願いします。

「オナ禁✖読書」のすゝめ

オナ禁で空いた時間に何をするか。これがオナ禁効果を決める」

ということを、このブログでは

言葉を工夫しながら、何度も述べてきた。

 

そこで今回、僕がおススメしたい取り組みがある。

 

ぜひ、オナ禁で空いた時間に「読書」をしてほしい。

本を読む人だけが手にするもの

本を読む人だけが手にするもの

 

上記の本では、

今後「本を読む人と読まない人で階層社会が分かれる」と説いている。

 

先進国において、現代は成熟社会となっており、

「自分で幸せを切り開かなければならない」時代となっている。

「幸せとは何か」

それを教えてくれる学校の先生はいない。

むしろ、教えられる人がいないと言った方がいい。

 

オナ禁も同じく、やった方がいいのか、

やらない方がいいのかを説く人こそいるが、

最終的にやるかどうかは自分の判断次第である。

その時に、「どっちを選んだ方が自分にとって幸せになるだろう。」

と考えたときに、

これまでに積み重ねてきた

「教養」や「価値観」がモノを言うのは間違いない。

 

物事を幅広い視点から考えることができた方が、

納得いく、後悔の少ない結論を見出すことができるはずだ。

そこで、読書により教養を蓄えることこそ、

「身近であり、そこまで大金が掛かるわけでもなく、

 やろうと思えば誰でもできる勉強」だと思う。

本1冊1000~1500円が高いと感じる人は、古本屋や図書館もあるのだから。

それに電子書籍もある。

 

読書は間違いなく、僕のオナ禁日数を伸ばすのに役立った。

暇な時間に本を読むだけで本の世界に没頭できるので、

勝手にオナ禁日数が伸びていった。

 

読書は単なる娯楽。

僕も以前までそう思っていたが、藤原和博先生の本を読むと、

読書は一つの勉強であるということが分かる。

 

最後に、最近読んだ百田尚樹氏の「錨を上げよ」から、

一節を紹介したい。

 

 荷物の中で一番厄介なのは本だった。ダンボール箱に詰められた書籍の類は見かけからは想像もつかないほど肩や腕にずっしり食い込むものだった。大きくても箪笥や机の方が、いったん持ちやすい形にさえしてしまえば、むしろずっと楽だった。これはある意味できわめて暗示的に思えた。つまり本の重さこそは、知識を重量に変えたものと言えるのかもしれないということだ。

 

「錨を上げよ 上」百田尚樹 P247より一部抜粋

 

錨を上げよ(上) (100周年書き下ろし)

 

タイプ別の禁欲道

 

禁欲者には大きく分けて2パターン存在するような気がする。

それは

ホットタイプと、クールタイプである。

 

➀アクティブタイプ

特徴

オナ禁に対してアツいタイプ

 

まさにテストステロンを

体現したような方々がこれに該当すると思う。

読者登録させていただいている方々の中から、

個人的な主観で例をあげると、

stoicmanさん。

いろいろためになるエントリで

オナ禁ブロガーを楽しませるエンタメ性を秘めている。

最近ホームジム計画を実現し、そのアクティブさに

ますます磨きがかかっている。

 

ぴすとんさん。

睡眠時間が3~4時間という記事を見たときに

実は「武井 壮」なんじゃないか?

と勝手に思ってしまった。笑

90日という短い期間で大きく変化を遂げたという記事から

そのアクティブさがひしひしと伝わってきます。

 

➁クールタイプ

特徴

オナ禁に対して冷静な視点を主としている。

 

ガンガンと行動を起こしてくタイプではないものの、

オナ禁で得た時間を有効活用し、

淡々と目の前のことをこなしていき、

成果を出している人たちがここに該当するのではないか。と。

 

よく僕のブログにコメントを残してくれる

Ritsさん。

オナ禁は1000日を超えており、まぎれもなく長期禁欲者。

エロ禁しなくても大丈夫というタイプ。

オナ禁マジスゲー!!!」というスタンスではなく、

どちらかというと、オナ禁をクールな視点からとらえている。

 

さおけん – BLOG NOPMO

オナ禁+αの重要性をこれでもか!というほどに説いている

深いオナ禁考察記事が特徴。こちらも長期禁欲者。

オーディオブックや、英語の勉強などを、

日々の中で淡々とこなし、

時間の有効活用が凄まじい人である。

 

ここまで、他の禁欲者を勝手に

パターン分けするという大変失礼なことをしてしまいましたが、

各ブログの宣伝になったので、許していただきたいと思います。笑

 

もちろん、確実に二分できるものでもないと思う。

あくまで大きく分けてという話。

ホットな方々もオナ禁に対してクールな視点を持っている一面はあるだろうし、

クールな視点を持っている方々も、

昔は「オナ禁スゲー!!!」タイプの人たちだったのかもしれない。

禁欲者の中には取り組むことが違うタイプは多く、

結果の出方もそれぞれ。

しかし、どういうスタンスで禁欲に取り組むにせよ、

おそらく、

「禁欲して何かを得たい」

「禁欲することで、失わなくて済むものがある」

という目的については同じだと思う。

 

過去の僕は

オナ禁はこうあるべきだ」

というような記事を書き連ねていたが、今は違う。

(とはいえ、記事は消してません。笑)

人それぞれの禁欲の形があっていいと思っている。

それは多くのオナ禁ブロガーのブログを拝読し、

「人はそれぞれ違うのだから、自分の考え方が全てのように

押し付けた主張はよくない」と自覚するに至ったからだ。

 

オナ禁に興味がある人は、

それぞれの考え方で、

禁欲に取り組んでほしいと思う。

スポーツ観戦に繰り出す

「サッカー」の画像検索結果

最近、スポーツを観に行く機会が増えてきました。

これまでというもの、

完全なる「自宅観戦派」でしたが、

先週末に地元の高校野球の試合を生で観て、

外で観るっていうのもなかなかいいと思いました。

(日光浴びてテストステロン万歳!とか思ってました。笑)

 

オナ禁でリセットする時って、

家の中が圧倒的に多いと思います。

 

オナ禁で危機感を感じたら、すぐに外に出る。」

「家にいるとリセットの危険が高い人は、あらかじめ外に出る用事を入れておく。」

等は非常に有効だと思います。

(帰ってきてリセットしたら残念ですが。笑)

僕としては外出の用事として、スポーツ観戦でもいいと思いました。

 

残念ながら今回、ロシアまでは行けませんが、笑

日本VSポーランドの試合が地元の映画館で放送するらしいので、

観戦しに行きたいと思います。

以前までの僕なら確実に自宅観戦だったと思いますが、

エネルギーが外に向いてきているようで、良い傾向だと思います。

 

「小さなことでもいいから、新しい行動を起こしてみる。」

 

オナ禁をやるうえで、

そして、人生を楽しく生きるうえで大切な思考かもしれません。

【自重トレーナー向け】新・腹筋

 

ソース画像を表示

こんにちは。

来月のアルバイトの給料が入り次第、

腹筋ローラーを購入しようと考えているKMです。

 

最近までランタスティックで

腹筋の回数を重ねていましたが、 

kotobaoukoku.hatenadiary.jp

そろそろ、単調になってきたところで、

新しいトレーニングに切り替えることにしました。

 

参考にしたのは

youtuberの、「メトロンブログ」チャンネルの腹筋動画です。

www.youtube.com

メトロン氏はまさに「ストイック」を体現した肉体をしております。

確実に禁欲者でしょう。

僕は現在、これを毎日1セットずつこなしています。

たった2分ですが、余裕で息切れします。笑

 

最近、メトロン氏は中級者向けの腹筋動画をUPしていたので、

上記の腹筋トレーニングで余裕のある方は

挑戦してみてもいいかもしれません。

(以下、中級~上級者向け)

 

現代の世の中では筋トレに関する書籍をはじめ、

動画サイト等でも情報は豊富な時代です。

しかし、どれだけ情報があろうと、挑戦しなければ

得るものは知識に過ぎないのです。

簡単な筋トレであっても、

挑戦することに意味があると思います。

少しでも理想の体型に近づけるように、

1日数分でも、身体を動かしてみませんか?