素晴らしき日々を

KMと申します。オナ禁✖自己改善で人生に輝きを!!

姿勢にアプローチ

 

こんにちは。KMです。

最近、猫背気味です。

スマホのせいもありますが、

読書や勉強など、基本的にうつむきがちな生活習慣に原因があるとみています。

姿勢は身体の様々な歪みを引き起こし、不調を引き起こします。

最悪の場合、病気にもなりかねません。

「この首が前に出ている状態を何とかしたい」

そう思ったのもつかの間、

読者登録させて頂いている、「てつ」さんのブログの記事をふと、思い出しました。

 

tetsu0716.hatenablog.com

※「てつ」さん、勝手に記事を拝借し、申し訳ございません。

確か、首の姿勢改善の動画があったような…

と思って記事を覗いてきました。

この記事で紹介されていた動画、 

首が前に出ている姿勢にアプローチする

「チンインエクササイズ」(意味深)ですね!

 

先日の瞑想に続き、こちらも習慣にしていきたいと思います。

やってみての体感は、

顎を引くのが辛くなくなりました。

このエクササイズする前は、顎を引くとき、ちょっと痛いと感じていたのですが、

なんか、楽です。

顎を楽に引けるようになったおかげで、猫背が緩和できており、

このエクササイズも「継続したいことリスト」に追加が確定しました。

 

ちなみに瞑想については本日も既に済ませており、

これで5日目となります。

脳がクリアで記事も書きやすいですね。

 

こうした小さいことの改善を積み重ねていくことで、

きっといい相乗効果が生み出せると信じています。

 

本日は以上です。

オナ禁時代か、ポルノ時代か

 

モテ・筋肉・時間

かつて 男の理想を手に入れた男

オナ禁王 空僧丸」

彼がネット上で放った一言は

男たちをオナ禁へと駆り立てた

 

「俺のオナ禁効果か?欲しけりゃくれてやる…

 探せ! この世の全てをそこに置いてきた!」

 

世はまさにオナ禁時代ーーー

 

こんにちは。KMです。

某人気漫画の冒頭をオナ禁verにしてみました。

(空僧丸さんはこんなこと言ってません。笑)

※空僧丸さんは、元祖オナ禁テンプレ効果とも言えるような方です。

↓ちなみに空僧丸さんのサイトはこちら。

自己改善により毎日を大切に生きる

(現在は更新がありません。)

 

ネット上で

オナ禁スレ

オナ禁ブログ

オナ禁まとめサイト等が増え続けている現状は、

まさにオナ禁時代といえると思います。

youtubeにはオナ禁動画もあります)

 

そしてそれぞれのサイトが独自の色を出しています。

オナ禁は1週間までがいい!

・エロ禁は必須!

・筋トレしないと効果が薄い!

などなど。

そしてそれぞれが独自に体感したオナ禁効果を報告しています。

 

kotobaoukoku.hatenadiary.jp

 

とはいえ、いくらオナ禁関連の情報が増えても、

それをはるかに凌ぐ勢いで

ポルノが製造され、世に出回っています。

見方を変えれば、ポルノ時代です。

 

kotobaoukoku.hatenadiary.jp

 

よく情報化社会ともいわれますが、

自分で選び取る情報に責任を持たなければならない時代です。

小学4年生の頃、簡単な気持ちでアクセスしたエロサイト。

それ以降、そういった情報へのアクセスとオナニーにより、

約10年間に渡り、

僕の人生の多くの時間を浪費させました。

脳だってどれだけ溶けたか分かりません。

 

logmi.jp

気が付いたらポルノにのめり込んでいて、

後悔し始めたころには膨大な時間を失い、

責任は誰も取ってくれません。

 

正直、これまでの人生でエロ関連に費やした時間は

10000時間に達すると思っています。

 

kotobaoukoku.hatenadiary.jp

10000⃣時間と言えば、

その道のプロ、専門家に近い存在になれるレベルです。

「ポルノ・オナニーのプロ」

になってしまったということでしょう。

 

しかし、

これは明らかに僕が人生で目指したいもの、

成し遂げたいことではありませんでした。

 

失った時間はあまりにも大きいですが、

どうあがいても目は前にしかついていませんし、

前に進むしかありません。

もうこのような思いをしたくなければ、

「ポルノを振り返らない勇気」が必要です。

 

「オナニーとポルノを中心に生きてしまい、後悔している人の

 モチベーションとなりたい。自分のように時間を浪費してほしくない」

という思いから、このブログをオナ禁ブログにしました。

この記事も、禁欲に励む方への力になればと思います。

本日は以上です。

新しいことに手を出すだけが「自己改善」じゃない

こんにちは。KMです。

このブログのテーマである「オナ禁✖自己改善」ですが、

「自己改善」の部分は必ずしも、新しいことに手を出す必要はないです。

例えば、先日のエントリのように

「一度やったことあるけど、今できなくなっていることを再開する」

でもいいのです!

 

kotobaoukoku.hatenadiary.jp

 

瞑想ができなくなっていたため、再開しました。

確かに瞑想は、僕のパフォーマンスを上げました。

しかし、ここ数日の頭の不調は瞑想だけでは治りませんでした。

(継続するにつれて結果が出てくるのかもしれません。)

 

1日3~4時間できていた勉強も2時間弱。

1日20分ほどの運動時間も10分でやる気が無くなる。

「気持ちの問題」と言われればそれまでなのですが、

明らかに脳のパフォーマンスが落ちていることに気づきました。

 

原因は割とシンプルでした。

 

「寝る前のスマホ」です。笑

 

fuminners.jp

先日は夕方6時以降に電源を切りました。

プロ野球の速報が見たい!」

「聴きたい曲がある!」

 

様々な欲求が湧いてきましたが、

「今のこの脳のパフォーマンスをどうにかしたい」

という気持ちが勝りました。

 

そして今朝、目覚めが非常に良いです。

最近は中途覚醒が多く、

睡眠時間が足りていませんでしたが

今日は8時間たっぷり寝れました。笑

 

寝る前のスマホがどれだけ悪循環を引き起こしていたのだろうと思うと

ゾッとしますね。

完全に睡眠の質を破壊していたのだと思います。

 

調子が悪い時はやはり、

食事・睡眠・運動

等の生活習慣の基本事項を1つずつ振り返り、

改善していくと調子が回復することが多いですね。

 

今日の脳の状態が最高にクリアなので、

今後も「夕方以降電源OFF」習慣を続けていきたいと思います。

 

調子が悪くなった時にいかに修正できるかは、

普段から自分自身の行動をどれだけ意識しているかにかかってくる

ということを痛感しました。

 

本日は以上です。

瞑想再開と回顧録

 

「瞑想」の画像検索結果

こんにちは。KMです。

最近、瞑想ができていませんでした。

そのせいか、

「今、この瞬間に集中する」

ということがなかなかできていませんでした。

 

勉強していても、身が入らなかったり

気が付けばスマホに手が伸び、時間を浪費してしまいました。

opc-pstone.hatenablog.com

ぴすとん」さんの記事を見て、

いつの間にか瞑想しなくなっている自分を思い出しました。

 

就職活動期間中は毎日瞑想をしていて、

頭がクリアな日々が続いていました。

目の前のことに集中できていました。

今はひとまず、頭を当時の状態に戻すことを目標にしたいと思います。

 

そして昨日から瞑想を再開しましたが、

終わった後の「謎の幸福感」が心地いいです。

プラシーボ効果」だったとしても、

身体にいい影響がありそうです。

 

 

話は変わりますが、

最近、オナ禁を知る前の自分自身を回顧することが多くなってきました。

「あの頃と何が変わったのか」

「今もし、またオナニーを習慣化したらどうなるのか」

色々考えます。

何度もこのブログで言いましたが、

オナニーをやめると「時間」が圧倒的に増えます。

 

kotobaoukoku.hatenadiary.jp

過去の僕は1日2回以上はオナニーをしてしまう人であり、

オカズを漁るのに凄い時間を費やしていました。

加えて、賢者タイム

僕の場合、賢者タイムは「眠いから昼寝する」ことが多く、

この負のスパイラルにより、

1回のオナニーだけでも数時間を浪費することがありました。

 

無尽蔵なポルノが、どれだけ僕の脳細胞を溶かしたのか。 

失った精子と時間は、どれだけの可能性を潰したのか。

 

これについては、考えれば考えるほどに嫌な気分になりますが、

同時に「オナ禁に出会えて本当に良かった」という強い思いが湧いてきます。

 

kotobaoukoku.hatenadiary.jp

過去は変えられません。

でも、過去をきっかけに、

現在と未来は変えることができます。

戻りたくない過去があれば

それをバネにしていきたいと思います。

 

本日は以上です。

誰も見ていない所で何をしますか?

こんにちは。KMです。

 

kotobaoukoku.hatenadiary.jp

 110日前の記事になりますが、

(ということは今日でオナ禁250日)

オナ禁で自信がつく理由についてお話ししました。

 

その自信を支えているのは

オナ禁をする!」

という約束を守り続けていることにある、ということを述べました。

 

どうやら、その他にも、

自信の元になっているものがあると感じます。

 

それは、

「誰にも見られていない所で何をしているか」

ということです。

 

これは特に僕が高校時代、顕著だったのですが、

「学校や部活では真面目な男、家ではオナニー三昧、勉強しない」

というありさまでした。

 

「誰にも見られていない所」では、

恐ろしく自分に甘い人間でした。

(現在もそういう部分は多少あります。)

 

その時期というのは

本当に自分に自信が持てませんでした。

人目に触れるところでは

「こうありたい!」という自分を貫けているものの、

一度部屋にこもってしまえば、

「オナニーとAVだけが友達」と言わんばかりに抜きまくってました。

 

こういった「人に見られていない所でどういう行いをしているか」は、

誰にも見られていないのですが、

他ならぬ自分自身が目撃しており、

その行いが、本来自分自身の望んでいることでなければ、

知らぬ間に自己肯定感を失っていきます。

 

僕も自分の目指す理想像とのギャップに苦しんでいました。

器の大きい人は、人の見ていない時に真価を発揮する。

器の大きい人は、人の見ていない時に真価を発揮する。

 

 「人が見ていない時に何をするか」

は自身の価値を左右すると思います。

 

・誰も見ていないからゴミをポイ捨てする

・ネット上で知人にバレないよう、匿名で誰かに八つ当たりする、攻撃する

・先生にバレないようにイジメをする

 

例を挙げればキリがありませんが、

規模が大きいものになると、これらは犯罪になります。

こんなことを繰り返していると、

やがてスライト・エッジの力により、

そういった行為が人間性に沁みつき、

ろくな人間になりませんし、

最悪の人生を送ることにもなりかねないとも思います。

 

kotobaoukoku.hatenadiary.jp

とはいえ、オナニー自体は犯罪ではありません。

やるもやらないも個人の自由です。

それでももし、オナニーをすることに

後ろめたい気分を感じるのであれば、

オナ禁した方がいいと思います。

きっと失っている自信を少しずつ取り戻すことができると思います。

 

これはオナ禁に限った話ではありません。

日々の生活の中で、自信を損なわせている行為があるとすれば、

「それは何か」を自問自答し、

日々の行動を改善していくことで、自信を持つことはきっとできます。

 

その一方で、後ろめたいことを止められない人は、

永遠に確固たる自信を持つことはないのかもしれません。

 

本日は以上です。

生きていれば、嫌なことは必ずある

こんにちは。KMです。

生きていると、嫌なことの一つや二つ、必ずありますよね。

 

「嫌なこと」というのはやはり、

生きていくうえで(負わなければならない)

払わなければならない「税金」のようなものだと思います。

年中無休で不快な気分を感じることなく生きているような聖人は、

仮にいたとしても、ごく少数ではないでしょうか。

そして、そのような悟りを開いたとしても、

その悟りを開くまでの人生で嫌なことはたくさんあったはずです。

 

頑張っていて結果が出ない時や、

思いがけず人に迷惑をかけてしまった時、

現状に満足できない時、本当に嫌な気持ちになりますね。

 

しかし、最近はこういう感情が無駄ではないと感じています。

こういう感情に蓋をして、嫌なことを嫌だと感じず、

「麻痺してしまうこと」が一番問題だと思います。

 

人類は

暑い(不快)➤エアコンを開発し、

迷惑をかけた➤相手に何ができるかを思考し、

現状に満足できない➤考え方・捉え方を変えてみるか、何らかのアクションを起こす

ということを通じて進化してきました。

 

嫌なことがターニングポイントになることは少なくありません。

僕自身も、

中学時代、同級生との人間関係がうまくいかなかった、

高校時代、学校の勉強についていけなかった、

部活で結果が出なかった、

アルバイトで人に迷惑をかけた、

環境に不満があった、

そういったときに起こすアクションが必ず正しいとは言い切れませんが、

嫌なこと(=現状)を打破するきっかけになることがあります。

 

嫌なことは、きっと人として次のステップに進むためのものだと思います。

そして、嫌なことは素直に嫌だと感じたら、

何らかのアクションを起こしていくことが大切なのだと思います。

 

「生きることに特に何の目標も見いだせず、オナニーばかりしている」

そんな自分が嫌だったから、気づいたらネット上の

オナ禁情報」に感化され、オナ禁で浮いた時間に筋トレ等の

自己改善を行ってきました。

あの頃よりは「マシ」な人間になったと思います。

嫌なことがこういうことのきっかけに繋がるのであれば、

嫌なことも捨てたもんじゃないと思います。

 

今後の人生もどんな困難があるか分かったものじゃありません。

僕はまだまだ経験の浅いガキに過ぎないでしょう。

それでも、「困難に出くわすたびに、強くなる」

そんな生き方をしていきたいと思います。

 

本日は以上です。

KMが見ている筋トレ動画たち

 

ソース画像を表示

こんにちは。KMです。

先日、興味深い動画を見つけました!

(エッチな動画ではありません。笑)

 

www.youtube.com

youtuber、d-sunさん。のこの動画です。

この主張は、ほぼ当たっていると思います。

 

ゴリゴリのマッチョマン(かっこいい体)になるには、

自重トレの負荷では筋肉を肥大化させるのに限界がある。

それ故に効率が悪い。

僕もそう思います。(自重トレー二ーのくせに。笑)

正直、ボディメイクするにはジムに行く方が圧倒的に早いです!

 

しかし、僕はあえてそこをジムに行かずに日々筋トレしています。笑

ストリートワークアウトに興味があるという理由もあるのですが、

やはり、自重でどこまで鍛えることができるのか、

いけるところまでやってみたいという気持ちがあります。

 

目指すゴールは人それぞれですし、

細マッチョでもいいと思っている人は自重でも充分かと思います。

(痩せたい人は有酸素運動も必要だと思います。)

 

www.youtube.com

自重トレー二ーは、「ジェットゆう」さんも参考になると思います。

彼のサーキットメニューは

外が雨で走れない時などに重宝しています。

また、ゴリゴリとはまた別の「引き締まった筋肉」の持ち主です。

ジェットさんのような筋肉を目指したい方であれば、

自重でもいけるかと思います。

 

www.youtube.com

よくお世話になっている動画。

メトロンブログさん。

彼はストリートワークアウトをしているので、

自重×ジムという特殊な鍛え方をしています。

自重オンリーではメトロンさんのような筋肉になるのは難しいかもしれませんが、

近づくことはできると思います。

そう言えるほどに、メトロンさんの自重トレは質が高いです。

腕立て伏せ100回とかやる前に、

www.youtube.com

3分でこちらをやった方が胸が凄く張ります!

お試しあれ!

 

※言わずもがなですが、食事や睡眠も大切です。

 

KMは現在、1日15~20分ほどの自重トレを行っています。

前回の記事でもお話ししましたが、来月海に繰り出す予定なので、

それまでは淡々と自重筋トレを積み重ねていきます。

 

ここ最近は筋トレの記事が多い気がしますが、

それだけのめり込んでいるのかもしれません。

 

本日は以上です。

次回はオナ禁に関する記事が書けるといいな!笑