素晴らしい言葉たち

KMと申します。オナ禁✖自己改善で人生に輝きを!!

オナ禁のみでモテない理由

オナ禁だけをしてもモテない。

これが僕の持論。

僕のスタンスは「オナ禁✖自己改善」でモテるようになる。

である。

今回は「オナ禁のみでは、なぜモテないのか?」

を考察していこうと思う。

 

今回は、超絶イケメン先輩の話。

僕は高校時代、陸上部だったのだが、

先輩に超絶イケメン(ケンブリッジ飛鳥似)・頭いい・100m10秒台

というパーフェクトヒューマンがいた。

しかし、その先輩はエロにやたら精通しており、オナニーを肯定していた。

ただし、オナニーをしているからといって、僕はその先輩が「ダメな人だ」とか、そういう話をしたいわけではない。

「超絶イケメンでもオナニーをする」

という事実を知ったのだ。もちろん、当時、これを知った僕のオナニーが捗ってしまったのは言うまでもなく。笑

 

よって、オナニーとイケメン化はあまり関係がないと考え、

オナニーとモテには相関関係はないのではないか、と僕は考える。

 

後から知ったが、先輩は大会一週間前には禁欲もしていたらしい。

つまるところ、禁欲はオナ減でもいいのかもしれない。

(僕はオナ減をすると99%連続リセットする性質なので、オナ禁派。笑)

恐らく先輩はオナニーするにしても「メリハリ」があったのだと思う。

抜くときは抜く、抜かない時は抜かない、というメリハリが。

それはつまり、「性欲をコントロールできている」という事実も示す。

性欲をコントロールできていれば、衝動的にオナニーをすることはない。

つまり、時間の浪費はさほど大きくなくて済むのだ。

 

先輩のように、仮にオナニーをしていても、「性欲をコントロールできる」

自己管理能力がある人は同性から見てもかっこいいと思う。

 

先輩は頭がよかった。運動神経もよかった。

 

オナニー✖超絶イケメン✖勉強できる(英語ペラペラ)✖運動神経抜群

 

というオナニーを帳消しにしてしまうレベルの掛け算方程式ができている。

繰り返し述べるが、オナニー・オナ禁は掛け算なのだ。

その効果を得たくば、オナ禁以外の自己改善にも力を入れることだ。

逆に、オナニーをしていても、それが「性欲をコントロール」できている状態であれば

掛け算としてプラスに働く可能性もあるかもしれない。

(ただし、ポルノを見たら脳にはマイナス。)

 

オナニーをしてもモテる人がいるという事実は、オナ禁だけではモテないという事実を意味している。

だが、オナ禁は時間が生まれるので自己改善と非常に相性がいい。

これを踏まえたうえでオナ禁に挑戦してみてはいかがだろうか。