素晴らしい言葉たち

KMと申します。オナ禁✖自己改善で人生に輝きを!!

ブログ一か月休みなし!

オナ禁ブログにしてからというもの、

このブログへのアクセスは一気に増えた。

やはり、オナ禁に興味がある人は多いようだ。

僕もまた、その一人で、オナ禁ブログをはじめてから、現在までネタが尽きていない。

そして、ブログを一か月、毎日更新することに成功した。

もちろん、オナ禁だけを発信しているわけではないが、記事の8割はオナ禁の記事である。そして、この1ヵ月、「オナ禁✖自己改善」というワードを用いて人生を輝かせよう!と主張してきた。

今後もこのスタンスは変わらないだろう。 

kotobaoukoku.hatenadiary.jp

kotobaoukoku.hatenadiary.jp

オナ禁のみでは効果が出ないこと、

エロ禁も重要であるということは、以前にも述べている。

是非まだ読んでいない人は参照してほしい。

 

また、僕は日常生活で、人と会話する時に「オナ禁」というワードを用いない。

 

①同年代の大学生は、ポルノを観るのは当たり前と思っている節がある。

そんなところで「オナ禁」とか言ってたら変人扱いされかねない。

いずれ、僕が歳を取り、子どもや会社の部下ができたら、その時は彼らに、こっそり教えると思う。だが、ブログでは盛大に「オナ禁」を語っているので、読者の皆さんは安心していただきたい。笑

あと、このブログの著者であることがバレたら、その時は白状しよう。そこまで有名になれるかは分からないが。笑

 

➁周りと差をつけるため。

オナ禁」というワードを日常会話で用いないのは、

周りと差をつけるためでもある。

結局、現代の大学生はポルノを見て、シコシコするのが当たり前状態なのだから、

僕とは差が開くことになる。社会人になったら、忙しくてオナニーする暇もなくなるかもしれないが、ある程度暇な大学生の段階で、誤った性欲処理から脱することができれば、確実に周囲と差をつけられる。

だから、「オナ禁」というワードを知られたくない。(笑)

 

➂それでもブログでオナ禁を語る理由

でも、同時に「オナ禁」を知っててほしいとも思っている。(矛盾?笑)

AVを滅ぼそうとすら思っている。笑

だからこうして、ブログを続けている。

どこで発信するも、しないも、個人の自由だ。

男が皆、「オナ禁」×「エロ禁」×「自己改善」が徹底できるようになれば、

地球の未来は明るいと思っている。

僕は目に見える実績が欲しいわけではなくて、

このブログを訪れた人が、何か「自分を変えよう!」とチャレンジしてもらえれば、それだけで社会貢献に繋がるのではないかと思っている。

さあ、また何言ってるのか分からない(サンドウィッチマン風)状態になったが、笑

これからもこのブログをよろしくお願いします。