素晴らしき日々を

KMと申します。オナ禁✖自己改善で人生に輝きを!!

【130日】オナ禁はソリューションにはならない。

本日はオナ禁130日。

現時点で感じていることを述べると、

あらゆる物事において、オナ禁はソリューション(解決策)にはならない

ということだ。

オナ禁に効果が無い」と言いたいわけではないので、

どうか誤解の無いようにご理解いただきたい。

 

➀時間は増える

オナ禁してるんだから、エロ動画を見ている男に比べて、

時間が増えるのは必至である。

「時間が無い!」という悩みに対してはオナ禁はソリューションとなりうるのだが、

それ以外については、具体的な行動を起こす必要がある。

 

オナ禁は魔法ではない

例えば、「ある試験に合格したい!」と思ったときに、

オナ禁だけしていても受かるわけがない。

強いて言えば、オナニーしていようが、勉強していれば受かるものは受かる。

ある目標があるときに、なすべきはそれを達成するための行動(プロセス)である。

「試験の合格➤勉強」

結局、オナ禁して生じた時間を何かプラスのアクションでも起こさない限りは、

人生は大して変わらない。

そこに残るのは

オナ禁しているから、俺はいつでも射精できるぜ!」

という謎の余裕である。

※あと、謎の自信も湧く。(これについては後日記事にします。)

 

「モテたい!」と思うにしても、

女性に好かれるような容姿を目指したり、ナンパなどしたり、

具体的なアクションを起こす必要がある。

オナ禁だけしていてもモテるわけがない。

 

オナ禁をする理由については、

究極的には、多くの人が

「オナニーは時間・精力の無駄だと感じるから」だろう。

では、オナニーをやめてできた時間を、

目標を達成するための何かに使えているだろうか。

オナ禁してもモテるようにならなかった」と言う人は、ここを履き違えている。

 

結局、世界は「原因と結果の法則」で動いていて、

その人がモテるための要素として、原因はオナ禁ではなく、

別の所にあったのかもしれないし、

オナ禁以外に何も努力しなかったからかもしれないのだ。

 

オナ禁は基本的にソリューションではない。

何かしら改善はするが、

せいぜい普通の人(マイナスからゼロ状態)に戻る程度だと思う。

 

人前で喋るのが得意になりたいなら、

発表やプレゼンの場数を踏む必要があるし、

球技が得意になりたいなら、

それなりに練習に励む必要がある。

目標を達する上で、必要なのは具体的な行動であり、

それはオナ禁ではないはずだ。

 

それでも僕はオナ禁を続ける。

オナニーが時間と精力の無駄だと感じているから。

理由はそれだけ。

目標を達するにあたっては、具体的な行動に落とし込むだけ。

きわめてシンプルだが、実行するのは大変難しい。