素晴らしい言葉たち

KMと申します。オナ禁✖自己改善で人生に輝きを!!

【140日】オナ禁で自信がつく理由

本日でオナ禁は140日。

 

皆さんは、オナ禁をしていて「自信」がみなぎってくる経験はなかっただろうか。

恐らく、多くの人がオナ禁によって

なぜか「自信」が湧いてきた経験があるはずだ。

なぜなら、多くのオナ禁ブログでそのような効果(?)

を体感したという声を目にするからだ。

 

kotobaoukoku.hatenadiary.jp

オナ禁は基本的にソリューションにならないんだけど、

「自信」がつくという意味では、やる価値がある!

 

実際に、僕もオナ猿の時期と比べて

自信がついたと感じている。

 

本日はそのメカニズムを解析してみよう。

 

恐らく、その淵源は「自己コントロール」にある。

自分をコントロールできているという、自信だ。

(ブログによっては「矜持」という表現をする)

性欲という、欲望の暴れ馬を理性でもって、抑え込むことに成功しているのだ。

それはつまり、「オナ禁」という自身に交わした一つの約束を守る行為だ。

誰だって、約束を破ってしまった相手とは気まずくなる。

それが自分との約束を破るとどうなるか。

たちまち、自分を信じられなくなる。

そして、自分に自信が無くなる。

 

オナ禁に失敗すると、自暴自棄に陥る最大の理由がココにある。

自分との約束を守れなかったから、自分を信じられなくなるのだ。

 

傍からから見たら「なんでそんなにオナ禁に必死になってんの?wwww」

という感じかもしれないが、ポルノを脱却しようとする男たちは至って真剣。

 

オナ禁が軌道に乗るということは、自身との約束を守り続ける行為であり、

その度に、自信を積み重ねていくのだ。

 

kotobaoukoku.hatenadiary.jp

オナ禁日数の数字には大した意味はない。

しかし、それは確実に「自身との約束を守り続けた日々」である。

 

そこに「効果があった・なかった」(モテ効果など)は

大した問題ではなくて、

自分との約束を守れたのかどうかが一番大切なのだ。

 

自分に自信を持てずして、何を成し遂げることができようか。

これはオナ禁に限った事ではなく、

自分と何らかの約束を交わした以上、

それは果たすべきだ。

 

自信を持つには、自分と交わした約束を守ること。

これだけ。

至ってシンプルだが、

これができる人間はそう多くないのではないか。

 

本日は以上です。