素晴らしき日々を

KMと申します。オナ禁✖自己改善で人生に輝きを!!

バレなきゃ良いは、破滅の始まり。

世の中では、「バレなきゃいい」が横行している。

不倫・脱税・脱法・密輸・カンニング・不正・ドーピング・性犯罪など。

最終的に「バレなきゃいい」思考は破滅に繋がっている。

なぜなら、いずれバレるからだ。

 

そう考えたときに、

家の外では普通の人間を装い、

家の中ではオナニーしまくっているという事実がバレたらどうか。

怖いだろう。男性なら理解を示してくれるかもしれないが、

女性からはほぼ敬遠されると思う。

 

この考え方は、僕のオナ禁を支えている大事な考え方だ。

常に誰かに見られていると思って生きるようにしている。

そうすると、不自然な「バレなきゃいい」行動は自然ととらなくなる。

 

「誰も見ていないからオナニーしよう」

という思考は、もうバレていると思った方がいい。

オナ猿全盛期の頃、親はポルノを毎日閲覧していた僕に何も言わなかった。

僕が隠れて見ていたというのもあるが、

バレていなかったのか、バレていたのかは分からない。

しかし、バレていたと考える方が賢明だと思う。

 

「バレなきゃいい」という考えは、

バレた時に相手の信頼を大きく損なう考え方で、

その時に相手がどれだけ傷つくかを考えていないのと同じだ。

 

とはいえ、世の中には嘘をつかないとやっていけない場面もある。

僕は全ての嘘を否定するわけではない。

嘘も方便だ。

しかし、「バレなきゃいい」思考で何か後ろめたいことをやっているなら、

やめるべきだと思う。バレていなくてもいずれバレるからだ。

 

多くの不正が「バレなきゃいい」思考から始まっており、

やがて現実化する(バレる)。

思考は現実化するのだ。