素晴らしき日々を

KMと申します。オナ禁✖自己改善で人生に輝きを!!

生きていれば、嫌なことは必ずある

こんにちは。KMです。

生きていると、嫌なことの一つや二つ、必ずありますよね。

 

「嫌なこと」というのはやはり、

生きていくうえで(負わなければならない)

払わなければならない「税金」のようなものだと思います。

年中無休で不快な気分を感じることなく生きているような聖人は、

仮にいたとしても、ごく少数ではないでしょうか。

そして、そのような悟りを開いたとしても、

その悟りを開くまでの人生で嫌なことはたくさんあったはずです。

 

頑張っていて結果が出ない時や、

思いがけず人に迷惑をかけてしまった時、

現状に満足できない時、本当に嫌な気持ちになりますね。

 

しかし、最近はこういう感情が無駄ではないと感じています。

こういう感情に蓋をして、嫌なことを嫌だと感じず、

「麻痺してしまうこと」が一番問題だと思います。

 

人類は

暑い(不快)➤エアコンを開発し、

迷惑をかけた➤相手に何ができるかを思考し、

現状に満足できない➤考え方・捉え方を変えてみるか、何らかのアクションを起こす

ということを通じて進化してきました。

 

嫌なことがターニングポイントになることは少なくありません。

僕自身も、

中学時代、同級生との人間関係がうまくいかなかった、

高校時代、学校の勉強についていけなかった、

部活で結果が出なかった、

アルバイトで人に迷惑をかけた、

環境に不満があった、

そういったときに起こすアクションが必ず正しいとは言い切れませんが、

嫌なこと(=現状)を打破するきっかけになることがあります。

 

嫌なことは、きっと人として次のステップに進むためのものだと思います。

そして、嫌なことは素直に嫌だと感じたら、

何らかのアクションを起こしていくことが大切なのだと思います。

 

「生きることに特に何の目標も見いだせず、オナニーばかりしている」

そんな自分が嫌だったから、気づいたらネット上の

オナ禁情報」に感化され、オナ禁で浮いた時間に筋トレ等の

自己改善を行ってきました。

あの頃よりは「マシ」な人間になったと思います。

嫌なことがこういうことのきっかけに繋がるのであれば、

嫌なことも捨てたもんじゃないと思います。

 

今後の人生もどんな困難があるか分かったものじゃありません。

僕はまだまだ経験の浅いガキに過ぎないでしょう。

それでも、「困難に出くわすたびに、強くなる」

そんな生き方をしていきたいと思います。

 

本日は以上です。