素晴らしき日々を

KMと申します。オナ禁✖自己改善で人生に輝きを!!

誰も見ていない所で何をしますか?

こんにちは。KMです。

 

kotobaoukoku.hatenadiary.jp

 110日前の記事になりますが、

(ということは今日でオナ禁250日)

オナ禁で自信がつく理由についてお話ししました。

 

その自信を支えているのは

オナ禁をする!」

という約束を守り続けていることにある、ということを述べました。

 

どうやら、その他にも、

自信の元になっているものがあると感じます。

 

それは、

「誰にも見られていない所で何をしているか」

ということです。

 

これは特に僕が高校時代、顕著だったのですが、

「学校や部活では真面目な男、家ではオナニー三昧、勉強しない」

というありさまでした。

 

「誰にも見られていない所」では、

恐ろしく自分に甘い人間でした。

(現在もそういう部分は多少あります。)

 

その時期というのは

本当に自分に自信が持てませんでした。

人目に触れるところでは

「こうありたい!」という自分を貫けているものの、

一度部屋にこもってしまえば、

「オナニーとAVだけが友達」と言わんばかりに抜きまくってました。

 

こういった「人に見られていない所でどういう行いをしているか」は、

誰にも見られていないのですが、

他ならぬ自分自身が目撃しており、

その行いが、本来自分自身の望んでいることでなければ、

知らぬ間に自己肯定感を失っていきます。

 

僕も自分の目指す理想像とのギャップに苦しんでいました。

器の大きい人は、人の見ていない時に真価を発揮する。

器の大きい人は、人の見ていない時に真価を発揮する。

 

 「人が見ていない時に何をするか」

は自身の価値を左右すると思います。

 

・誰も見ていないからゴミをポイ捨てする

・ネット上で知人にバレないよう、匿名で誰かに八つ当たりする、攻撃する

・先生にバレないようにイジメをする

 

例を挙げればキリがありませんが、

規模が大きいものになると、これらは犯罪になります。

こんなことを繰り返していると、

やがてスライト・エッジの力により、

そういった行為が人間性に沁みつき、

ろくな人間になりませんし、

最悪の人生を送ることにもなりかねないとも思います。

 

kotobaoukoku.hatenadiary.jp

 

とはいえ、オナニー自体は犯罪ではありません。

やるもやらないも個人の自由です。

それでももし、オナニーをすることに

後ろめたい気分を感じるのであれば、

オナ禁した方がいいと思います。

きっと失っている自信を少しずつ取り戻すことができると思います。

 

これはオナ禁に限った話ではありません。

日々の生活の中で、自信を損なわせている行為があるとすれば、

「それは何か」を自問自答し、

日々の行動を改善していくことで、自信を持つことはきっとできます。

 

その一方で、後ろめたいことを止められない人は、

永遠に確固たる自信を持つことはないのかもしれません。

 

本日は以上です。