素晴らしき日々を

KMと申します。オナ禁✖自己改善で人生に輝きを!!

才能発掘.4【41日目】

「読書」の画像検索結果

こんにちは。KMです。

オナ禁41日目です。

 

現在、自身の強みの資質を考察しています。本日はその4つ目の資質を見ていきます。ブログで強みを考察していこうと思ったきっかけは、stoicmanさんのメルマガを実践したからです。就職活動前に、ストレングス・ファインダーは実践済みでしたが、今一度強みの資質を振り返っておこうと思って、ブログ記事にしています。

これまで3つの強みを考察してきました。

kotobaoukoku.hatenadiary.jp

kotobaoukoku.hatenadiary.jp

kotobaoukoku.hatenadiary.jp

kotobaoukoku.hatenadiary.jp

 

それでは、4つ目。「着想」について。

着想 Ideation

あなたは着想に魅力を感じます。では、着想とは何でしょうか。着想とはほとんどの出来事を最もうまく説明できる考え方です。あなたは複雑に見える表面の下に、なぜ物事はそうなっているかを説明できる的確で簡潔な考え方を発見すると、うれしくなります。着想とは結びつきです。あなたのような考え方を持つ人は、いつも結びつきを探しています。見た目には共通点のない現象に何となく繋がりがありそうだと、あなたは好奇心を掻き立てられるのです。着想とは、皆がなかなか解決できずにいる日常的な問題に対して新たな見方をすることです。あなたは誰でも知っている世の中の事柄を取り上げ、それをひっくり返すことに非常に喜びを感じます。それによって人々は、その事柄を変わっているけれど意外な角度から眺めることができます。あなたはこのような着想全てが大好きです。なぜなら、それらには深い意味があるからです。なぜなら、それらは目新しいからです。明瞭であり、逆説的であり、奇抜だからです。こうした全ての理由であなたには、新しい着想が生まれる度にエネルギーが電流のように走ります。他の人たちはあなたのことを創造的とか独創的とか、或いは概念的とか、知的とさえ名づけるかもしれません。恐らく、どれも当てはまるかもしれません。どれも当てはまらないかもしれません。ただ確実なのは、着想はあなたにとってスリルがあるということです。そして、ほどんど毎日そうであればあなたは幸せなのです。

 

「さあ、才能に目覚めよう 新版 ストレングス・ファインダー2.0」166-167頁より引用 2017年 トム・ラス著  古屋博子訳 発行所 日本経済新聞出版社

 物事の繋がりを感じることに、すごく喜びを感じます。笑 オナ禁を様々な角度から考察することができるのも、「着想」のおかげだと思います。

 また以前、「会計業界」の本を読んでいると、ゼミ仲間から、「何でそんな本読んでるの?」と聞かれました。僕は金融関係に就職が決まっていますが、会計を専門とする分野ではありません。その事が彼にとって引っかかったみたいですね。僕は「興味があるから」とだけ答えておきました。笑 自分とあまり関係のなさそうな分野の事を学ぶのも好きです。スティーブ・ジョブズみたいに、「いずれ点と点が線で繋がる」と思っていますので。学んだことが活かせるかどうかは、時間を置いてみないことには分かりません。実際にこれまでにも何度か、それを学んでいる当時は「意味ない」と思っていたけど、今「活かされている」と感じることは経験があるので、学ぶことは大切にしていきます。

 「着想」タイプの人って飽きやすいらしいですね。僕はそうでもないですが。笑 楽しむ工夫を日常にちりばめているから、それが結果として「飽きない」状態になってるのかもしれません。

kotobaoukoku.hatenadiary.jp

 「着想」タイプへのアドバイスとして、読書の時間を設けること、自分の専門とは異なる分野や産業について学ぶこと、という項目がありました。今やっていることを続けろ!ということですかね。笑

 新たな気付きを人の役に立てられるように、この資質を大切に熟成させていきます。

本日は以上です。

Twitterやってます。

瞑想チャレンジ中です。