素晴らしき日々を

KMと申します。オナ禁✖自己改善で人生に輝きを!!

オナ禁ルールも自分で定義せよ!【46日目】

こんにちは。KMです。

オナ禁46日目です。

 

以前、オナ禁効果は自分で定義しよう!という記事を書きました。

kotobaoukoku.hatenadiary.jp

結局のところ、「他人のオナ禁効果」は「他人のオナ禁効果」であって、それは「=自分のオナ禁効果」ではないですよね。身長・顔・生まれつきのテストステロンなど、先天的要素をはじめ、ポルノにどれくらい依存していたのか、オナ禁で浮いた時間でどれくらい行動しているのかという後天的要素含めて、オナ禁効果には個人差があります。ネット上のオナ禁効果を見てテンションが上がっている皆さん、残念ながら、それは「それを書いた人のオナ禁効果」であって、皆さんに同じことが起きるとは限りません。そのため、「オナ禁効果は自分で定義しよう!」という話を上記の記事でしました。

そして、最近になって思うのが、オナ禁に関するルールも「自分で定義した方がいいのではないか」ということです。以下、僕のtwitterからの引用です。

 

 

 

今やオナ禁情報ってたくさんありますよね。探すのにそんなに困らないと思います。だからこそ、それらを全て鵜呑みにするのは危険です。自分に「起こるかも分からないオナ禁効果」(起こればいいんですが)を妄信した結果、特に何も起きず「オナ禁効果ないんじゃん。時間の無駄だった」と言うことになりかねません(この場合、試しているオナ禁の期間が短い場合も問題ですが。笑)。

ルールも自分で定義する必要があるのは、オナ禁のルールもたくさんの情報があるからです。サイトによって、ルールが杓子定規なんですよね。よく目にするのが、「風俗はリセットになりますか?」「我慢汁はセーフですか?」という話です。

 

自分で決めてくれ。

 

と思います。笑

オナ禁には正解がありません。人によって、ルールも効果も違います。自分でやってみて、「これはリセットと変わらないな」と思ったらリセットにすればいいと思います。オナ禁で一番重要なのが、「自分で体感する部分」です。別に文字に起こす必要はありませんが、自分が体感したところを重視した方がいいです。もしかしたら、オナ禁して調子悪くなるかもわかりません。オナ禁は万人に効果を保障するものではありません。

スポーツであれば、「この場合、どうなるんですか?」と聞くのはアリだと思います。公式のルールがありますから。しかし、オナ禁は公式のルールというものがありません。スポーツでもありませんし。笑 誰かの意見は自分にとって正解かもしれませんし、不正解かもしれません。よって、自分で実践して自分でルールを作るのが最適解と言えます。

 

「これが俺のオナ禁の、やり方だああああ!」

と言えるようなルールを、作ってみてはいかがでしょうか。

本日は以上です。

Twitterも宜しくお願い致します。

フォロワー400突破しました。ありがとうございます。