素晴らしき日々を

KMと申します。オナ禁✖自己改善で人生に輝きを!!

「2018年版・オナ禁まとめ」【50日目】

こんにちは。KMです。

オナ禁50日目です。

 

本日は約1年、オナ禁ブログをやってきて僕が体感したこと、僕の考えるオナ禁について、まとめます。大枠の内容についてはこの記事で触れますが、細かい内容については過去記事を載せますので、過去記事に飛んでください。

 

まず、タイトルですが「2018年版」としたのは来年もまた、オナ禁について新たな発見がある可能性があるからです。その場合は「2019年版」としてまた記事を書くことでしょう。今回のまとめ以降、当ブログのテーマはオナ禁をメインから外します。今後のメインテーマは「自己改善」になるでしょう。以下記事でも触れています。

 

kotobaoukoku.hatenadiary.jp

 

ちなみに今回はオナ禁(=ポルノ・エロ禁)の前提で話をします。エロ禁できてない人はご注意ください。

エロ禁をすると、オナ禁は圧倒的に続きやすくなります。

詳しくは以下記事参照。

kotobaoukoku.hatenadiary.jp

 

オナ禁で得られるものとオナニーで失うもの

オナ禁で得られるものとは何でしょうか。そもそも何かを得られるからオナ禁をするのではないでしょうか。或いは、オナニーで失うものがあるからオナ禁をするのでしょう。僕は大きく分けて2つと考えています。

1つは矜持(自信)です。もう1つはリソース(時間・エネルギー)です。

1つずつ確認していきましょう。

まず、矜持については以下記事参照。

kotobaoukoku.hatenadiary.jp

基本的に自信は、「自分との約束を守った時」に生まれると思います。オナ禁やるって決めて続いている時、知らず知らずのうちに自分との約束を守っているんですよね。それがいつの間にか自信になっています。逆に、「オナ禁やるぞ!」と意気込んで全然続かないと、自分との約束を破ることになるのでどんどん自信を失います。これは諸刃の剣とも言えますし、オナ禁の弊害とも言えます(オナ禁に限ることではありませんが)。

オナ禁は効果がない、という人たちもいますが、僕はそれはそれで正解と思っています。「万人に効く薬は存在しない」というのが持論です。そのため、オナ禁に限らず自分自身を改善する、或いは向上させる方法はほぼ無限に存在しているので、その中から自分に合ったベストを選択することが最適解だと思います。自己改善はオナ禁以外にもたくさんあります。あくまでもオナニー習慣に害を感じている人だけがオナ禁をすればいいと思います。

 

オナ禁によって得られるもの、もう1つのリソース(時間・エネルギー)について考えていきましょう。

オナニー・ポルノ中毒の人というのは、性欲の処理にとんでもない時間とエネルギーを浪費しています。詳しくは以下記事参照。

kotobaoukoku.hatenadiary.jp

kotobaoukoku.hatenadiary.jp

オナニーとポルノに費やした時間が、将来に活きることはほとんどありません(AV男優ならワンチャンあります。笑)。誤った性知識が女性を傷つけることになるかもしれませんし、オナニーとポルノに時間を費やしている間に、他の人たちはどんどんいろんなことに挑戦して人生を謳歌していきます。

一方で、オナニーとポルノ中毒だった人は、そこに費やしていた時間・エネルギーを全て自己改善に転換することが可能です。一気に飛躍できる可能性を秘めています。オナ禁ブログでたまに、とんでもない変化を遂げる人がいますが、きっとその人は元々オナニーとポルノに尋常じゃない時間を費やしていて、その時間を全て自分の成長につぎ込んだのではないかと推測しています。

 

オナ禁で得られるものは、同時にオナニーで失うものとも考えることができます。

 

➁僕の人生とオナ禁

僕自身、オナニーとポルノに苦しめられた人生でした。小学3年くらいの頃に初めてポルノを見て、そこから人生が大きくハードモードになりました。約10年、ポルノ・オナニー中毒。それも、青春時代をそれに費やしたのです。ハッキリ言って、最悪でした。「人生はなんでこんなに楽しくないんだろう、なんで僕はこんなに頑張っているのに報われないんだろう」そんな自分中心の考えばかりがずっと、頭をよぎりました。毎日死にたくて仕方ありませんでした。僕はオナ禁を知って4年になりますが、未だにMAXは254日です。

kotobaoukoku.hatenadiary.jp

完全にオナニー・ポルノから脱することができていません。いっそ、オナ禁ブログなんてやらない方が続くのではないかと考えた時期もありましたが、逆でした。オナ禁ブログを始めてから、初の200日越えもしましたし、オナ禁ブログの更新頻度を落とした途端、再度ポルノ中毒に陥るという悪循環も経験しています。

kotobaoukoku.hatenadiary.jp

僕の場合は、定期的にオナ禁を意識する方が向いているみたいです。そこは人それぞれだと思います。自分合う方法を模索してください。

 

➂長期を経験したから分かる、オナ禁のカラク

250日台という期間を長期と呼んでいいならば、僕はオナ禁のカラクリを発見しました。短期ほどキツい、長期ほど苦に感じないというカラクリです。

kotobaoukoku.hatenadiary.jp

ホメオスタシスを打ち破れないと、ゾーン(オナ禁をさほど苦に感じない)にはたどり着けません。また、季節によっても若干難易度に変化があります。そのあたりは日記なんかをつけていると、わかってきます。

kotobaoukoku.hatenadiary.jp

 

④今後のオナ禁について

これは僕の話ではなく、今後の「オナ禁界隈」全体のお話ですが、僕はオナ禁は当分オワコンにならないと思います。

kotobaoukoku.hatenadiary.jp

kotobaoukoku.hatenadiary.jp

kotobaoukoku.hatenadiary.jp

確かに、昔に比べればオナ禁に関する情報は増えてきました。かなりアクセスはしやすくなっていると思います。何なら僕自身も発信してますし。笑 発信してるからこそ、他のオナ禁情報発信の人と繋がることもできました。しかし、それ以上にポルノ関連情報が増えています。オナ禁情報なんてまだまだ微々たるものですし、「男はAV観るのは当たり前」が僕の周囲でも主流です。とはいえ、オナ禁を志す以上、そのような情報に流されたところで、中毒に逆戻りするだけです。

適度な射精を提唱する勢力もいますが、それがポルノであってはマズイです。また中毒に戻る可能性が高いです。少なくとも僕は戻るでしょうね。笑

kotobaoukoku.hatenadiary.jp

リセットを推奨してくる勢力(主にAV男優)は、「射精」にフォーカスして話を進めてきます。「ポルノ」について言及することはほぼありません。ポルノの害悪を認識してほしくないからです。「射精」そのものはとんでもなく害悪、というものではありません。前立腺がんのリスクも減らします。そこで、「脳の線条体を破壊するポルノ」と「過度でなければさほど問題ない射精」を分けて考える必要があります。詳しくは以下記事参照。

kotobaoukoku.hatenadiary.jp

オナ禁に挑戦する人が増えてきているのも事実です。僕は最初、ブログ関連のオナ禁情報しか知りませんでしたが、twitterでも、オナ禁アカウントが結構存在します。

kotobaoukoku.hatenadiary.jp

kotobaoukoku.hatenadiary.jp

しかし、ブログ同様ですが、流動性が激しいです。新しく始める人と、更新が途絶える人が共にたくさんいます。

いずれにせよ、昔よりも「性エネルギー転換の重要性」に多くの人が気づく可能性が出てきました。これからのオナ禁界隈は楽しみです。

あとついでに、オナニー肯定論を見かけたときに思い出してほしい記事があるので、こちらも時間があれば読んでください。

kotobaoukoku.hatenadiary.jp

 

オナ禁に対する誤解

オナ禁すれば○○が起きる」

オナ禁がネットで発信されるようになってしまったが故に、オナ禁をすればモテる、オナ禁さえすれば報われる、という誤った誤解が拡散しています。もちろん、オナ禁すれば人生が多少変わることはありますが、それは全員に保障されたことではありません。他人のオナ禁効果が自分にも起こるか、なぜ分かるんでしょうか。そんなものは分かるはずがありません。人はみんな違います。何事も個人差があります。あの人がオナ禁でモテたから、自分も…と言うのはあまりにも浅はかです。出発点はそれでOKかもしれませんが、その人がオナ禁以外にも何かモテるための努力をしていなかったか、等を必ず確認する必要があります。

オナ禁効果は、他人が定義したものです。他人の人生は他人の人生です。つまり他人のオナ禁効果は、他人のオナ禁効果です。誰にでも同じことが起きるとは限りません。もちろん、似たような効果が起きる可能性もあるので、完全に否定はしませんが、オナ禁効果を羅列したサイトを見てテンションが上がっている方は注意する必要があります。それがあなたに起こるとは限らないからです。

あなたに起こったオナ禁効果が、オナ禁効果です。それ以上でもそれ以下でもありません。詳しくは以下記事参照。

kotobaoukoku.hatenadiary.jp

オナ禁のルールについても同じことが言えます。エロ禁の線引き、風俗の是非、汁遊び、夢精はOKかどうか。そんなことは自分で決めましょう。別にオナ禁の公式的なルールなんてないと思いますし、仮にあったとしても僕は知りません。笑

自分でやってみて、これはリセット扱いにしよう、というような線引きは自分で作った方がいいです。他人を軸にオナ禁すると、「汁遊びはダメって言われてるけど、OKにしてる人もいるからリセットはセーフにしよう」というような軸がブレブレのオナ禁になります。詳しくは以下記事参照。

kotobaoukoku.hatenadiary.jp

僕も最初は、オナ禁には公式のルールがあった方がいいと思っていましたが、どうもそれは他人に物事を強制するような感じがして、嫌になりました。やはり、それぞれが独自の形で禁欲なり何なり取り組んでいくのがベストだと思います。この辺りはアドラー心理学を勉強すると、しっくりきました。

kotobaoukoku.hatenadiary.jp

オナ禁の誤解に支配されるのか、オナ禁の誤解を自ら正していくのかは、まさに自分次第と言えます。自分のオナ禁が絶対的に正しいと思うのではなく、オナ禁の多様性を認めてみませんか?他人のオナ禁理論も受け入れれば、自分のオナ禁理論の発展に寄与することもきっとあると思います。

kotobaoukoku.hatenadiary.jp

 

オナ禁における誤解はまだあります。「オナニーしたら100%不幸になる」という誤解です。確かに、ポルノとオナニーによって時間とエネルギーを浪費していることを考えれば、大きく機会損失と生産性低下につながっている面は否めませんが、全てがそうだと考えるのは危険です。詳しくは以下記事参照。

kotobaoukoku.hatenadiary.jp

嫌なことを全てリセットのせいにする、良いことを全てオナ禁のおかげにする、この二元論的な幸福論は、もう人生を「オナ禁に支配されている」と言っても過言ではありません。幸福は禁欲だけで論じることはできません。僕もこのように考えている時期があったため、この記事は自戒の意味を込めて書きました。

「リセットしたら全てがリセット」というのも誤解だと思います。オナ禁はドミノではありません。

詳しくは以下記事参照

kotobaoukoku.hatenadiary.jp

kotobaoukoku.hatenadiary.jp

kotobaoukoku.hatenadiary.jp

「リセットは、一度やったら全てがやり直し」と言うような極端なものではありません。もちろん、オナ禁の日数としてはゼロからのスタートになりますが、人生が振り出しに戻るわけではありません。今回のオナ禁でどこが成長したのかも振り返ってください。成長していないなら、なぜ成長していないのかも考えましょう。このフィードバックが、オナ禁と共に成長するための鍵になります。

 

⑥結論は「オナ禁✖自己改善」

オナニー・ポルノ中毒の人が人生を好転させるにはどうするか。それは「オナ禁✖自己改善」が1つの答えだと思います。

kotobaoukoku.hatenadiary.jp

オナニーに費やしている時間を、自己改善に転換していく。自己改善は大抵、自己啓発本に書いてありますが、主に

・人格形成

・自己コントロール

・健康

マインドセット

・目標志向

タイムマネジメント

・良習慣

です。自分の人生にプラスになりそうな、続けやすそうな分野から取り組むと続きやすいです。この記事を読んで、新たにオナ禁ブログを始めてみるのも1つの自己改善になるかもしれません。昨日の自分よりも何かしら成長していれば、それは自己改善だと思います。

kotobaoukoku.hatenadiary.jp

 

スーパーサイヤ人効果について

僕はほとんど経験したことが無いのでわかりませんが、スーパーサイヤ人効果を体感するためにオナ禁やってる人もいるみたいですね。

それについては以下記事参照。

kotobaoukoku.hatenadiary.jp

kotobaoukoku.hatenadiary.jp

プラシーボ効果とかいろいろ意見ありますけど、効果は効果ですので、起こる人には起こり得るものです。スーパーサイヤ人効果が幸せかと言うと、意見は分かれます。後から反動で大変なことになる人もいるみたいです。僕はそれっぽい状態になったことはありますが、ブログで語るほどの事態は起きてません。

皆さんそれぞれ、行動できるご自身の体力・精神力のキャパシティと相談して、バランスの取れた禁欲ライフを送ってください。

 

⑧最後に

オナ禁ブログは僕以外にも運営されている方がたくさんいます。僕のブログの記事だけを鵜呑みにするのではなく、もっとたくさんの情報に触れて、自分の頭で整理してみて下さい。

kotobaoukoku.hatenadiary.jp

kotobaoukoku.hatenadiary.jp

誰が何といおうと、今ところ僕はオナ禁をやらない理由が見つかりません。この記事を読んでもやらない人はやらないでしょうし、意味がないと思う人は意味がないと思うでしょう。なんだってそうだと思います。読書、瞑想、筋トレ、勉強、これらに意味がないと思う人は、まずやりません。

意味があると思う人だけがやればいいと思います。過去には「全員がオナ禁すべき」と言うような記事も書きましたが、今はそうは思いません。やりたい人だけがやるべきだと思います。ポルノも見たい人は見ていいと思います。どちらの人生が幸せかは本人次第です。僕が口を出していい問題ではありません。

これが今のところ、オナ禁について、僕なりのまとめです。

ここに新しい理論がついてくるかもしれませんし、今回紹介したのは過去記事の一部なので、あくまでも重要ポイントを羅列しただけにすぎません。しかし、これまでに僕のブログを読んだ人も読んでない人も、今回の記事で「KMのフィルター」によるオナ禁理論の大枠を理解することができたのではないかと思います。

皆さんも各自でオナ禁理論を組み立ててみて下さい。それがブログ記事になれば、僕はこっそり見に行きます。笑

今回の記事は僕の1つの集大成です。我ながら本当に約1年オナ禁について語ってきたんだなあ、という実感がわいてきました。今後もブログを続けていきますが、ここまでオナ禁について熱く語る記事は、今後書けないでしょうね。笑 そもそも自己改善中心のブログになるので、オナ禁はサブテーマになりますが。

 

本日の記事を総括すると、

 

KMは年中オナ禁の事を考えているマヂキチ

 

と言うことですね。笑

本日は以上です。

Twitterやってます。